ERG(エルゴ)マイニングの方法やプール手数料まとめ

EIP1559による採掘報酬減や最近の価格下落により、イーサリアムマイニングの報酬が減りました。

2021年12月にはディフィカルティボムによってイーサリアムマイニングの難易度が上がり、徐々にPOSへ移行していくため、イーサリアムマイニングでは利益が発生しにくくなります。

今回はそれを懸念して次のマイニングの主役になるのではないかと予想している、Ergo(ERG)をマイニングしてみました。

マイニングの方法、各プールやマイナーの手数料、プールアドレスなどまとめます。

 

Ergo(エルゴ)マイニングのやり方

マイナー管理ソフトとして日本でもっとも有名なNiceHashでもErgoマイニングは可能ですが、報酬が全てBTCに変換されるため今回はNiceHashによるErgoマイニングは省きます。

今回は私が使用しているminerstatでErgoのマイニングを行います。

ウォレットの準備

Ergoマイニングの報酬を受け取るためのウォレットを作成しますが、Ergoは国内では取引されていないため海外の取引所を開設してウォレットを取得します。

Ergoの取引高の順位で言うと取引所はKuCoin、Gate.io、CoinExなどがあるようですが、KuCoinが一番使いやすそうだったのでこちらを使用します。

登録方法は下記の記事を参考にしてください。

関連記事

KuCoin取引所とは?KuCoin取引所は2017年に開設された香港に拠点を持つ海外の取引所です。取り扱い通貨数が多く、400を超える通貨が取引されています。Binanceも同様に香港に拠点を持つ海外取引所ですが、Ku[…]

 

登録後、デポジット(入金)画面を開いてERGを検索するとウォレットアドレスが出てきます。

後程使用するのでこのままページを開いたままにするか、ウォレットアドレスをメモ帳などに控えておきましょう。

 

使用するマイニングプールと手数料

ERGマイニングプールの手数料とアドレスをまとめました。

ERGマイニングプール
手数料・アドレス
プール名支払方式プール使用料最小支払ERG支払間隔アドレス
F2PoolPPS3%0.5ERG24時間以内erg.f2pool.com:7200
NanoPoolPPLNS1%1ERG数回/日ergo-jp1.nanopool.org:11111
2minerPPLNS1%1ERG数回/日asia-erg.2miners.com:8888
HerominerPROP0.9%0.5ERG1時間hk.ergo.herominers.com:1180

今回は2minerのプールを使用します。(特に理由はありません)

ERGマイニング初心者なのでどのプールの報酬が高いのかはまだわからないからです。違いなどがあれば後日記述します。

今のところは支払間隔の短く手数料も安いHerominerがおすすめかな?

下記で使用するマイナーによってアドレスの前にstratum + tcp://を追加する必要があるので気を付けてください。

 

使用するマイナーの各手数料

ERGマイニングの場合少し手数料が高めです。(ETHは1%ぐらい)

ERG(Autolykos v2)
マイナーと手数料
Nanominer2.5%
NBminer2%
T-Rexminer2%
LOLminer1.5%

手数料で言えばLOLminer一択ですが、私のGTX1660superとRTX3060の環境ではハッシュレートがあまり出ませんでした。

全て試した結果NBminerに決定。効率やハッシュレートが確認できるのでお勧めです。

 

minerstatでのERGマイニングの設定

プールアドレスの設定

「MANEGEMENT」→「address editor」→「Pools」でマイニングを行うプールを入力・保存します。

今回は2minerのプールを使用するので「stratum+tcp://asia-erg.2miners.com:8888」を入力。

名前は2MINER-ERGにしました。

 

ウォレットの設定

KuCoinを開設して取得したアドレスをminerstatの「MANEGEMENT」→「address editor」→「Wallets」に入力・保存します。

こちらもわかりやすいよう、KUCOIN-ERGの名前にします。

 

マイナーの設定

最後にマイナーやマイニング設定をします。

「MANEGEMENT」→「WorkerConfig」を開き、Clients configrationを開きます。

マイナーはNBminerを使用するのでDefault clientの欄を「NBminer」にします。

CoinはERGを選択して、先ほど入力保存したPoolアドレスやWalletアドレスを下記の欄で選択。画面右下のSAVEをクリックすれば設定は完了です。

minerstatのソフトを起動していれば自動でマイニングを開始します。

 

ERGがマイニングできているか確認

今回は2minerpoolを使用しましたが、このプールではマイニングがしっかりと行われているか下記のページから確認することができます。

2minerpoolの採掘者一覧

このページを開いたら2MINER.COMのロゴの右あるyour wallet addressと書かれた検索欄がありますので、ここに自分のウォレットアドレスを入力して検索をかけます。

検索すると自分が設定したワーカー名とハッシュレートが表示されます。

マイニングを開始して15分後ぐらいにハッシュレートがグラフに表示されていれば無事にエルゴマイニングは行われています。

*私のではありません

 

ERGマイニングのOC設定の基本

ERG(Autolykos v2)マイニングのOC設定は基本的にはETHマイニングと同じようにメモリクロックを上げることでハッシュレートが増加します。

いままでETHマイニングを行ってきた方であれば、OC設定はそのままでERG(エルゴ)マイニングは可能です。

ハッシュレートはETHマイニングのおよそ2~3倍ほど出ます。

私のGTX1660superでは70Wで60Mh/s、RTX3060(NO LHR)では100Wで120Mh/sのハッシュレートが出ました。

なのでエルゴマイニングのOCの基本はメモリクロックを上げて、パワーリミットとコアクロックを下げることです。

LHRのグラボだとハッシュレートが下がりますので、ERGマイニングにLHRグラボは向いていません

 

ERGマイニングの報酬額

筆者の環境では180MH/sでています。

2021年9月25日現在では一日あたり4.1USDぐらいの報酬になっており、ここから電気代や手数料がひかれます。

リグ全体が225Wの消費電力なので一日当たりの電気代は145円ほど。(1kWh=27円換算)

450円-145円で一日300円ほどの利益ですね。(プール手数料などは計算に含めていません)

イーサリアムやエルゴの価格によってはエルゴのほうが収益率がいい場合があります。