Binanceの本人確認は運転免許証で可能。KYCしていない人はできるだけお早めに!

Binanceで普段通りに取引をしているとお知らせ欄に下記のようなメッセージがありました。

バイナンスユーザーの皆様へ、バイナンスは、変更や改善を決定するために、継続的に商品やサービスの見直しを実行しています。ユ…

2021年10月19日以降は、本人確認を行っていない人は出金のみの制限がかかり取引ができなくなるとのこと。

各国の批判を浴びてバイナンスCEOが安全性やマネーロンダリング対策などを強化すると宣言した通り、ようやく健全化し始めた印象です。

バイナンスはかなり使いやすく、通貨数も多いし、私の場合はマイニングプールウォレットとしても使っているので取引ができなくなるとすごく困る。

なので今回はその本人確認を行ってみました。海外サイトの本人確認は初めてでしたが、日本の取引所で行う本人確認と大差はありませんでした。

 

バイナンス本人確認(KYC)の方法

・運転免許証またはパスポート
・バイナンスアプリでログインしているスマホ
まずはこれらを用意してPCでバイナンスにログインします。
ベルマークの左にある人マークにカーソルを当てて、表示されたところの「身分証明」をクリック。
現在の認証状況が表示されるので中央付近の「今すぐにはじめる」をクリックします。
どの証明書を使用するか選択できるので、お持ちの証明書を選択して「継続する」をクリック。
私は運転免許証を使って本人認証を行いました。
使用する証明書を選択して「継続する」を押すと、証明書のアップロード画面が表示されるので、証明書の写真を撮ってアップロードします。
証明書写真のアップロード後、続いて自分の顔写真をアップロードします。
顔写真のアップロード後にバーコード画面が表示されるので、バイナンスアプリがインストール&ログインしているスマホで最後の顔認証をします。
binanceアプリを開いて右上に表示されているバーコードマークをタップし、PCモニター上に表示されたバーコードを読み取ります。
Binanceアプリ右上のSCANをタップ
バーコードを読み取ると撮影が始まります。
スマホのインカメラで自分の顔を撮影しますが、画面の案内に従って顔を動かすだけです。
顔を枠内に収めて撮影し、「頷いてください」というような表示で顔を少し動かしただけで終わりました。
スクショ撮り忘れたのでHP参照

これで本人確認は終わりです。5分もかからずに終わりました。

バイナンスは日本語に翻訳されているのでとてもやりやすいですね。

認証確認画面を確認すると「審査中」になっており、およそ10日後に本人確認が完了する予定になっています。

 

しかし、朝に申請を行ってその日の昼過ぎには認証済みになっていました。めちゃ早い。

かなり早く終わった印象ですが、まだKYCを行っていない方はぜひ行ってください。

Binanceが日本に上場するということはないかもしれませんが、Binanceが日本の金融庁の許可なしに日本ユーザーにサービスを展開している件について金融庁が警告を発したこともありますので、引き続き日本人がBinanceを使用するためにも皆さんには本人確認をお願いします。

Binanceがより健全で安全な取引所になるといいですね。